総合防災設備・消防設備保守点検テクノリンクシステム株式会社 Techno Link Systemテクノリンクシステム株式会社

お電話からのお問合せはこちら

048-532-0940

受付時間は平日9時30分から17時30分まで

業務内容

消防設備点検

ビルまたはマンションでは消防設備が正しく機能していないと、火災が発生したときに発見が遅れ、火災被害が大きくなってしまいます。そのため、消防設備が正しく機能しているかを定期的に点検し、その結果を消防長又は、消防署長に報告する義務があります。テクノリンクシステムでは、有資格者が年2回、消防設備を責任をもって点検いたします。

img_001img_002img_003

耐圧性能点検

既存の屋内外消火栓等消防用ホースまたは連結送水管配管について、設置後10年以上を経過したものについては、3年毎に耐圧性能点検が義務付けられています。規定水圧を加える試験(耐圧性試験)が必要となります。

防火対象物点検・防災管理点検

平成15年10月1日に施行された消防法の改正にともない、一定の防火対象物の管理について権限を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務等について点検させ、その結果を消防長または消防署長に報告することが義務付けられました。テクノリンクシステムでは、有資格者が、避難訓練の実施や避難通路の状況等について、責任を持って点検いたします。

消防設備等改修・リニューアル工事

ビルやマンションなどの建築物には、たくさんの改修必要項目がありますが、なかでも消防設備の改修やリニューアル工事はとても重要な項目です。優先して、消防設備の改修・リニューアル工事の施工を行ってください。

建築設備検査

建築基準法第12条第3項の規定に基づき、多くの人が利用する建築設備を対象に検査資格者によっておこなわれる定期的な検査のことです。換気設備、排煙設備、非常用の照明設置、給排水の設備の検査結果を所轄の特定行政庁へ報告しなければなりません。

特定建築物調査

建築基準法第12条第1項の規定により、百貨店やホテル、病院、劇場、物販店、共同住宅、事務所など多くの人々が利用する建築物(これを「特殊建築物等」といいます。)の調査項目は、敷地の調査、一般構造の調査、構造強度の調査、防火構造等の調査、避難設備等の調査を特定行政庁へ報告しなければなりません。